IPHONEデータ復元する方法(win版)

誤って削除したファイルあるいは紛失した大事なデータをを復元したいとき、どうすればいいですか。ここでデータ復元する方法ご紹介いただきます。PCのHDD、sdカード、ゴミ箱、USBドライブなどから削除されてしまった写真、音楽、動画、ドキュメント、電子メールなどの550種類以上のファイル形式を高品質で復元できます。

ステップ1:製品をダウンロードしてください。

下記の「ダウンロード」ボタンをクリックします。



ステップ2:製品のインストール

Macgo Free Media Playerをインストール完了した後、ダブルクリックしてそのプログラムを立ち上げてください。これから、メインインタフェースが出て、二つのボタン(ファイルを開いく、ディスクを開く)が表示されます。


復元 

製品言語を選択して、エンドユーザー使用許諾契約書を同意したあと、インストール先を指定してください。その後、製品のインストールを開始します。

ステップ3:製品の登録

未登録製品(試用版製品)には試用制限があります。


win-recovery

① 製品を起動して、右上の「メニュー」ボタンをクリックします。
② 「登録」をクリックします。
※まだ購入しない場合には、購入ボタンをクリックして、登録コードを取得してください。
下記の購入するボタンをクリックして、購入もできます。





win-recovery

決済した後、「登録コード」を書き込んだメールをお受け取りました。 電子メールと登録コードを入力してください。


win-recovery

*ご登録に関する注意事項: 
登録メールのメールアドや登録コードなどの情報をコピー&ペーストする際には、 スペースがないことをご確認お願いいたします。 ④「登録」ボタンをクリックします。
⑤登録完了。製品のすべての機能を利用できるようになります。


win-recovery

ステップ4:ウィザードモードリカバリーを選択

プログラムを起動後、ウィザードモードになります。「次へ」をクリックして、2つの簡単な質問にお答えください。その後、プログラムは残りの操作を行ってくれます。


win-recovery

*「ウィザードモード」を使用したくない場合は、左下にあるヒントに従って、「標準モード」に進んでください。
同じく左下にある「起動時にこのウィザードを表示しません。」にチェックを入れると、次回プログラム起動時に、「ウィザードモード」の代わりに、自動的に「標準モード」に入ります。


ステップ5:復元したいファイルタイプを選択

一番目の質問は「どのようなファイルを復元しますか?」となります。ファイルタイプを確認し、復元したいファイルをチェックしてください。様々な種類のファイルを復元しようとする場合は、「全てのファイル形式」をチェックしてください。ファイルの種類には、下記が含まれています。
写真/グラフィック(一般的な画像ファイル。例:デジタルカメラの写真。)
MP3/オーディオ(一般的なオーディオファイル。例:MP3、WMA。)
ビデオ(一般的なビデオファイル。例:デジタルカメラの録画。)
Officeドキュメント(一般的なドキュメント。例:ワード、エクセル、PDFファイル )
Eメール(OutlookまたはOutlook Expressからの一般的なメール。例:pst、dbx。)
全てのファイル形式(上記の全てのファイルおよびその他のファイルのスキャン)


win-recovery

ステップ6:紛失したファイルの元の場所を確認

二番目の質問は「ファイルはどこに失われたのか?」となります。例えば、外付けのリムーバブルデバイス、ごみ箱、デスクトップとマイドキュメント、パーティションなど、具体的な場所が指定可能です。ファイルが失われた場所を忘れてしまった場合は、「忘れてしまいました」を選択してください。そうすると、コンピュータ全体がスキャンされます。
外付けのリムーバブルデバイス(リムーバブルデバイスのスキャン。例:iPod、デジタルカメラ、USBドライブ。) ごみ箱(ごみ箱から削除されたファイルを検索します。)
デスクトップとマイドキュメント(デスクトップ、マイドキュメントまたはライブラリーから削除されたファイルのスキャン。) 忘れてしまいました(コンピューター全体をスキャンします。)
パーティションが見つかりません(ハードディスクから失ったパーティションを検索します。)


win-recovery

ステップ7:失われたファイルの検索を開始

これで、ファイルを検索する準備が出来ています。
「ディープスキャン」と「RAWファイルの復元」の2つの選択ができます。
「ディープスキャン」機能:完全なフォルダ構造としてフォーマットされたファイルを復元することができますが、それには時間がかかります。この機能はフォーマットの復元に適しています。
「RAWファイルの復元」機能:元のファイル名を指定せずにファイルタイプに応じてファイルを分類したり復元をすることができますが、それには時間がかかります。この機能は、写真の復元に適しています。
ご要望によって復元機能を選択後、「開始」ボタンをクリックすると、失われたデータのスキャンが始まります。


win-recovery

ステップ8: 失われたファイルのプレビューと復元

前回のステップで「全てのファイル形式」にチェックを入れた場合、スキャンの結果がアーカイブ、オーディオ、データベース、ドキュメント、Eメール、グラフィック、ビデオなどのファイルタイプの形で表示されます。プレビュー後、復元したいファイルを選択して復元してください。復元前に、PDF、PPT、RAR、ZIP、Excel 及び画像形式(PNG、JPG、JPEG、TIFなど)がプレビュー可能です。 プレビューするには、左側のフォルダを選択してリスト内のファイルをクリックしてください。


win-recovery

「ファイルの種類」から「パス」に切り替えることで、ファイルの前回のパスをチェックすることができます。


win-recovery

復元進行中に、ファイルをチェックすることができます。復元しようとするファイルが既に検出された場合、スキャンを一時停止して、それらのファイルをまず復元することができます。それから、「続く」を押してスキャンを進めるか、あるいは「停止」を押してスキャンを停止します。


win-recovery

スキャンを停止しても、後で復元を再開するためスキャン結果を保存することができます。


win-recovery

フィルター機能: ファイル名あるいはパスを検索することで、スキャンの結果にて失われたファイルをフィルターすることができます。


win-recovery

復元されたファイルを保存するためパスを選択してください。
注意:復元されたデータを損失したデータが格納されていた領域に保存しないでください。その理由は、新規保存したファイルは元々のファイルデータを上書きすることにあります。
選択された保存先がソースボリュームと同じ場合は、警告となります。別のボリュームを選択するか、外部記憶メディアに復元されたデータを保存してください。


win-recovery
win-recovery

復元進行中


win-recovery

関連ページ

Macでiphone データを復元する
Windows でiPhone データ完全消去方法
MacでiPhone 個人情報完全消去方法

 
X