Pro版のガンマブースト機能の使い方

多くの画像編集ソフトにはガンマ補正機能が搭載されています。ガンマとは、画像の階調の応答特性を示す数値ということです。だから、ガンマ補正は出力機器のガンマ値に応じた最適のカーブに画像の階調を補正することです。

デジタル画像ほとんどのソフトウェアに画像の輝度を調整するガンマ操作が備わっており、通常は 1 よりも大きい値を適用すると画像が明るくなります。(1)

簡単に言えば、ガンマ補正は画像が自然に再現されるようにデータを調整する仕組みです。

人の目は、広大な輝度範囲に対応する為、目は輝度が上がると感度が鈍くなるそうです。簡単に言えば、人の目は暗さのなかに微光を感じやすくて、明るさの中に、暗くを感じにくいです。

人間の視覚は、微量の光には非常に敏感に反応して、薄暗くても見えるように、暗さの中ではちょっとだけ微光を明るく調整しても、感じるできます。

だから、黒い画面をはっきり見るために、映像の色の調整が必要です。また、暗いエリアには豊富な階調を表現できる膨大なデータが必要となるそうです

>ガンマ値やガンマ補正など、画像のガンマを調整して,画像全体の明るさを変えることができる、この機能を使用する事で、映像の雰囲気を変える事も出来、映像にイメージ通りの色彩表現が出きます。

Pro版のガンマブースト機能を通じて簡単に再生画面のガンマを調整することができます。

ここで簡単に説明いたします。

ソフトを起動して、ブルーレイディスクをドライブに入れて、ディスクが自動的に再生します。

ソフトのツールバーの「表示」をクリックして、「オート(ガンマブースト)を選んでください。

ダウンロード

第一

ダウンロード

画像のガンマを調整して,画像全体の明るさを変えることができる。

ダウンロード

第二

ダウンロード

自然な色合いのまま明度を下げてくれるので、明るい場面と暗い場面が繰り返される林道等でも路面状況を正確に把握できる。

ダウンロード

pro版をダウンロードして、はじめましょう。

(1)引用元:スティーブ・ライト 『ノードベースのデジタルコンポジット』

 
X