パソコンでもBlu-rayを簡単に見れる

パソコンでブルーレイ見る

「ブルーレイは何?」実にこれは良い質問です。この問題に関心を抱くによって、あなたの視野ももっと広くなるでしょう。曇るような専用用語と長い説明文章などは難しいと思いませんか?なら例を挙げて説明します。真実または幻の風景を記録する蒼光の束、君の五感ごとかの世界へ飲み込んでいます。同時に一つの声はあなたの頭の中で静かに木霊し、「いざ新世界へ」。また一言で言うと、ブルーレイはいままでも一番高精細な動画形式です。詳しい説明はこちらにご参考ください。

本題に戻ります。ブルーレイ見れる方法は何かありませんか、何の機械が必要か、いくらかかるか、一緒に計算してみましょう。

テレビ「7万円くらい」+ブルーレイプレーヤー「6万円くらい」=13万くらい

テレビ「7万円くらい」+PS3「3万くらい」=10万くらい

パソコン「1~3万くらい」+ブルーレイドライブ「1万以内」+再生ソフト「1万 以内」=3万~5万くらい

ps:*価額はネット上の情報を参考していた、誤差があるかもしれません。

一番優れている機械を選択していません、あくまで使用できるは前提です。便利さと安さ総合的に考えたら、結果は一目瞭然になるでしょう。



パソコンが生まれてから今までずいぶん時間が経って、パソコンの性能から外見まで様々の形にと遂げた今は、仕事、ライフ、エンターテインメントなどの方面で不可欠となりつつあります。パソコンは何でもできて、自然にブルーレイをパソコンで再生させるとの考えは根ばえます。技術的な問題を克服のは先決、この段階ではまた一部のパソコンが分かる人しか見れません。誰かが技術を応用に使えるまで、本当の意味の大衆エンターテインメントになれます。一つの大衆化したプレーヤーソフトとして、Macgo Windows Blu-ray Playerは易しく使うことを実現していた。

ブルーレイとDVDの相違点

前にも言いましたが、一言で表現とBlu-rayは超高精細動画です。DVDはHD画質720P、HD画質1080Pの高精細画面です。さらに最先端のAVS、H.264エンコードを採用しています。DVDはスクエアビデオフレームサイズが720×576(DV-PAL)或いは720×480(NTSC)を使っていて、一画面の有効画素数は35万画素になります。Blu-rayのスクエアビデオフレームサイズは 1920×1080Pを使って、一画面の有効画素数は207万画素、DVDの五倍に超えます。画面の飽和さと明るさもDVDより遥かに高い、演色性もDVDの数倍で、まるで本物の風景や人物は目の前にいます。音声はExACを採用して、ハイフィデリティとサラウンドサウンド同時に再生、視聴でも最高の刺激を与えます。



解析の技術問題

AACSとBD+の暗号化策によって、指定されない機械でのブルーレイ再生は簡単ではありません。パソコンでブルーレイ見れるにはソフトの再生方法しかありません。あるソフトはブルーレイビデオをパソコンへダビングによって再生を果たしました。これはそれほど難しいではありませんが、確かに時間はかかります。Windows Blu-ray Playerはさらにそれらの問題を簡単に解決できます。ソフト起動だけでブルーレイディスクやブルーレイISOイメージなどを直接に再生できます。複雑な操作と待つ時間は一切必要がない、インターネット環境とWin Blu-ray Player揃えればブルーレイビデオがスムーズに見れます。

Macgo Windows Blu-ray Player

Macパソコンで起動できて、同時にWindowsパソコンでも起動可能です。Windowsが与えてくれた奇跡は一杯です。Macgo Blu-ray Playerもまたwindowsのシステムを対応しています。Macでブルーレイの再生は進歩としたら、Windowsでブルーレイを再生は標準と言えます。「ブルーレイをパソコンで見れる」は一つの手段に過ぎなくて、Blu-rayの楽しみをもっと多くの方に伝えて、Blu-rayをもっと快適で楽しめ、その道はまたまだ続いていきます。