ホーム アーティクル BluFast MX

Macgo Blu-ray Playerの新しい機能――Macgo BluFast MXの強化により、Blu-ray/DVD、他の動画形式の再生でハードウェアアクセラレーションを使用することにより、動画再生のパフォーマンスが向上されました。パワー不足のマシンにお勧めします。


Mac対応の再生プレーヤー製品に、初めてハードウェアアクセラレーションを搭載しましたのは、Macgo Blu-ray Playerです。Macモデルの更なる再生機能を覚醒します!


ハードウェアアクセラレーションとは何でしょうか?

説明すると、コンピューティングにおいて、ハードウェアアクセラレーションとは、ある機能を通常のCPUの上でソフトウェアを実行する場合より高速になるため、CPUに対し付加的なハードウェアを使用することです。つまり視聴感をアップする機能です。


設定方法

Macgoブルーレイプレーヤーを起動して、上にあるタスクバーのMac Blu-ray Playerの中の環境設定を選択、設定ウインドウを開くと、その中の「ビデオ」のタグをクリック、一番下にある「ハードウェアアクセラレーションを有効にする」をチェックに入ります。ソフトウェアを再起動するば、ハードウェアアクセラレーションは起動になります。



ハードウェアアクセラレーションで負荷は減った

負荷の計測は、それぞれBlu-rayを再生し、タスクマネージャーのCPU負荷を見ることにした結果は以下です:




ご覧の通り、左はアプリを起動し、そのまま待機する時のCPUとメモリの使用状況です。待機の場合、両方ともCPUの使用率は1%未満なところです。メモリの使用率も普通です。
そして、このままBluFast MXを起動しない場合は、使用率は一気に100%近いにあがりました。メモリも2倍になります。
BluFast MXを起動すればどうです?たっだの約25%です。メモリもすこし減ったです。
4分の1に圧縮されました。

見たところ、CPUは約75%の負担が減りました。


CPU負担と電量計算は以下のフォームをご参考ください。


ビデオフォーマット CPU使用率 電量使用状況
BluFast MX オン BluFast MX オフ BluFast MX オン BluFast MX オフ
Blu-ray 22.1% 77.8% 49.1% 74.8%
DVD 2.5% 8.5% 27.9% 57.2%
MKV 1.8% 7.6% 8.5% 23.0%
MP4 3% 6.9% 10.3% 17.4%

利用できるメディアフォーマット

Macgo Blu-ray Playerはブルーレイ再生専用プレーヤーですが、流行なDVD、MP4、MKV、FLV、MOVなどの形式も再生できます。その全ての動画には、ハードウェアアクセラレーションが機能発揮します。


Macgoプレーヤーのスゴイところ!

MacgoプレーヤーはVLCのオープンソースが使っていますが、VLCとは全く違います。DVDへの対応性は、改めて書き換えたら、再生不可の問題は大幅解消しました。また、肝心のH.264のエンコードも、Macgoは優秀です。他のプレーヤーと比べましたの結果は以下の通りです。ご覧ください:


評価のフォーマット(映像圧縮_音声圧縮) Macgo Blu-ray Player 他MacプレーヤーA 他MacプレーヤーB 他MacプレーヤーC 他MacプレーヤーD
Blu-ray Disc(市販) X X X X
Blu-ray ISO X X X
DVD(市販)
DVD ISO X X X
WMV
NSV X X X
RM X X X
MOV
MP4
MPG
VOB X X X
M2TS X X X
TS X X
AVI X
DIVX X X
OGM X X X
MKV X X X
SWF X X X X
FLV X
Macgo Mac Blu-ray Playerは最強なMacメディアプレーヤーは証明された!

便利な使い方

Blu-ray再生

ISOファイル直接再生

ファイル・ディスク選択のウィンドウ

ブルーレイメニュー(仮)の使用

                

プレイリスト機能

TwitterやFacebookへのサポート

インターレース除去機能

AirXの使用方法