body{background-color:#f7f7f7;min-width:auto;} .footerbg{min-width:auto;} .container{margin:0 auto;width:auto;max-width:1200px;}

Mac Blu-ray Player PRO版

ブルーレイメニューに対応

BDもDVDも再生できる

详情はこちらへ
ホーム カテゴリ

感動する海外ゲイ&BL映画お勧め

愛のかたちは人に定義されるものではない。 愛とか絆って、誰かから定義されるものではなく、自分の中で感じとってかみしめるものである。ここで2019年感動するゲイ&BL映画を簡単に介绍する。

1、『 太陽と月に背いて』(英語原題:Total Eclipse)--禁じられた愛欲の世界へ
映画は19世紀フランス文学史上に「早熟の天才」としばしば評される詩人アルチュール・ランボーと、同じく詩人であったポール・ヴェルレーヌとの出会いから別れのわずか2~3年の期間を中心に、二人の詩作への情熱と愛憎の果てを描いています。ランボーをレオナルド・ディカプリオ、ヴェルレーヌをデイヴィッド・シューリスが演じていますオナルドは夭折の天才詩人を美しくも激しく表現しています!ヴェルレーヌはランボーと同じく19世紀フランスを代表する詩人で、初期は象徴派と呼ばれ評価されましたが、晩年はデカダンス(=退廃的な)の教祖とも言われ、反逆や背徳が漂う詩風となりました。 詳細はこちらへ
2、ブエノスアイレス(原題:春光乍洩、英題:Happy Together)
「ブエノスアイレス」は映画界の巨匠、映画鬼才を呼ばれる中国香港の監督ウォン・カーウァイの作品である。「ブエノスアイレス」は惹かれ合いながらも、傷つける事しかできない男と男の刹那的な愛を描いた。 トニー・レオン×レスリー・チャンが主演した。第50回カンヌ国際映画祭コンペティション部門招待作品である。ウォン・カーウァイは監督賞を受賞した。またトニー・レオンが第17回香港電影金像奨主演男優賞を受賞した。 詳細はこちらへ
3、『モーリス』R15+ーー選ばなかった道、失った愛、未来の選択
20世紀初頭のイギリスを舞台に2人の青年が織りなす禁断の愛を描き、1980年代の同性愛を描いた映画として高く評価された文芸ロマン。文豪フォースターが1914年に執筆したものの同性愛という題材のため出版がかなわず、作者死後の71年にようやく出版された同名小説を、「眺めのいい部屋」のジェームズ・アイボリー監督・脚色で映像化した。ケンブリッジ大学に通う青年モーリス・ホールは、良家の子息クライヴ・ダーラムと互いに惹かれ合う。プラトニックな関係のまま学生生活を終えた2人は、それぞれ別の道を歩みながらも交流を続けていたが、やがてクライヴは母に勧められた女性との結婚を決意。傷ついたモーリスは、ダーラム家の猟場番の若者アレックと恋に落ちる。 詳細はこちらへ
4、『霜花店』ーー 運命、その愛——エログロR18
高麗末期、王に幼い頃から仕えてきた近衛部隊・乾龍衛の隊長ホンニム(チョ・インソン)は、元の政治干渉に苦しむ恭愍王(チュ・ジンモ)王が最も信頼する部下であり寵愛の対象だった。元は、後継者がいないことを理由に王権を脅かすが、王は女性を愛することができない。苦肉の策として、王は「お前に似た子が欲しい」とホンニムに王妃(ソン・ジヒョ)を身ごもらせるように命ずる。戸惑いつつもホンニムと王妃は肌を重ねるようになるが、ふたりの情事を盗み見る王の目にはいつしか嫉妬の色が浮かんでいた。エロあり、アクションある 詳細はこちらへ
5、『後悔なんてしない』(原題:후회하지 않아、英:No Regret )
韓国映画。デザインの勉強を夢見て田舎の孤児院から上京してきたスミン。だが都会で待っていたのは、昼は工場、夜は代行運転のバイトに追われる日々。ある夜、金持ち風の男ジェミンが「部屋に来ないか?」と誘ってきた。恋の予感に心躍ったのもつかの間、工場を解雇されたスミンはジェミンが経営者一族の御曹司だったことを知って激昂する。やがてゲイのホストバーで働くことになったスミンをジェミンは執拗に追ってくるが 詳細はこちらへ
お勧め製品

生活が便利で面白くなる