body{background-color:#f7f7f7;min-width:auto;} .footerbg{min-width:auto;} .container{margin:0 auto;width:auto;max-width:1200px;}

Mac Blu-ray Player PRO版

ブルーレイメニューに対応

BDもDVDも再生できる

详情はこちらへ
ホーム カテゴリ

オスカー(アカデミー賞)作品賞を取った人気映画10作品

アカデミー賞(オスカー)は、単にとも呼ばれる、アメリカ映画の健全な発展を目的に、キャスト、スタッフを表彰し、その労と成果を讃えるための映画賞である。アカデミー賞の作品賞はその年のアメリカで上映された最も優れた映画5本を候補に選び、その中の1本にこの名誉が与えられる。ここでアカデミー賞の作品賞を取った人気映画10作品を介绍する。

1、『ハート・ロッカー』(2010年)
『ハート・ロッカー』(The Hurt Locker)はイラクを舞台としたアメリカ軍爆弾処理班を描いた戦争アクション映画である。爆弾処理と言う特殊な世界を扱う特別な兵士の話ですが、派手なドンパチより、戦争の狂気、異常さが滲み出てます。タイトルはアメリカ軍のスラングで「苦痛の極限地帯」、「棺桶」を意味する。詳細はこちらへ
2、『英国王のスピーチ』(2011年)
『英国王のスピーチ』(えいこくおうのスピーチ、原題:The King's Speech)は、2010年のイギリスの歴史ドラマ映画である。『英国王のスピーチ』は吃音に悩まされたイギリス王ジョージ6世(コリン・ファース)と、その治療にあたった大英帝国構成国出身の平民である言語療法士(ジェフリー・ラッシュ)の友情が非常に鮮明に、時代背景を写しながら描かれています。最後の戦争スピーチの模様は、観ているモノをハラハラさせると共に、映画の中に引きずり込んでくれます。詳細はこちらへ
3、『アティスト』(2012年)
『アーティスト』(英: The Artist)は1927年から1932年までのハリウッドを舞台とし、トーキーの登場でサイレント映画の時代が終わったことで没落する男優と躍進する女優を描く物語である。「ギャッツビー」を見て、次にこれを見ると、この時代の女性のファッション(髪型とか全体の雰囲気をふくめ)がすてきに見えてきました。最後のダンスは素晴らしかったです。詳細はこちらへ
4、『アルゴ』(2013年)
『アルゴ』(ARGO)は、1979年から1980年にかけて発生した全世界を震撼させた、歴史に残る大事件ーーイランアメリカ大使館人質事件を題材とした2012年のアメリカ合衆国の映画である。1979年11月に革命が吹き荒れるイランで、過激派がアメリカ大使館を襲撃、大使館員を人質にとる。彼らの要求は、悪政の限りを尽くしてアメリカに逃げた前国王の引き渡しだった。混乱のなか裏口から6人が脱出、カナダ大使の家に身を隠すが、見つかれば公開処刑は間違いない。絶望的な状況を打破するため、CIAの人質奪還のプロ、トニー・メンデスが呼ばれた。 トニーの“名案"は、ウソの映画を企画し、6人をロケハンに来た撮影スタッフに仕立て上げ、出国させるという作戦。詳細はこちらへ
5、『それでも夜は明ける』(2014年)
『それでも夜は明ける』(それでもよはあける、英: 12 Years a Slave)はアメリカの歴史映画である。1841年、ニューヨーク。家族と幸せな日々を送っていたバイオリン奏者ソロモンは、ある日突然誘拐され、奴隷にされる。彼を待ち受けていたのは、狂信的な選民思想を持つエップスら白人による目を疑うような差別、虐待そして”人間の尊厳”を失った奴隷たちだった。妻や子供たちと再び会うために彼が生き抜いた11年8カ月と26日間とは詳細はこちらへ
6、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(2015年)
『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(バードマン あるいは むちがもたらすよきせぬきせき、英: Birdman or The Unexpected Virtue of Ignorance)はアメリカのドラマ映画である。リーガンは落ち目のハリウッド俳優であるが、バードマン役でスターになった後のヒット作に恵まれず、私生活でも結婚に失敗し、失意の日々を送っていた。再起を決意したリーガンは、レイモンド・カーヴァーの「愛について語るときに我々の語ること」を自ら脚色し、演出と主演も兼ねてブロードウェイの舞台に立とうとしていた。ところが大ケガをした共演者の代役として現れた実力派俳優のマイクに脅かされ、アシスタントに付けた娘のサムとは溝が深まるばかり。詳細はこちらへ
7、『スポットライト 世紀のスクープ』(2016年)
『スポットライト 世紀のスクープ』(スポットライト せいきのスクープ、原題:Spotlight)は、2015年のアメリカの伝記・犯罪・ドラマ映画である 。ストーリーが実話ベースなので迫力がありました。2002年1月、米国の新聞『ボストン・グローブ』が、カトリック教会の信じがたい実態を報じた。数十人もの神父による児童への性的虐待を、教会が組織ぐるみで隠蔽してきた衝撃のスキャンダル。その許されざる罪は、なぜ長年黙殺されたのか。《スポットライト》という名の特集記事を担当する記者たちは、いかにして教会というタブーに切り込み、暗闇の中の真実を探る詳細はこちらへ
8、『ムーンライト』(2017年)
『ムーンライト』(英: Moonlight)は、黒人の同性愛が描かれ、それもメインストリームでも「張れる」映画となると、色んなゲイ映画を見てきた自分でも本当に珍しく、かなりじっくりと見入ってしまた。薬物中毒・貧しい母子家庭・いじめ・同性愛差別など様々なテーマがありながら、どの問題も平等に扱っているためか、鑑賞したあとに考え込んでしまいました。それぞれ見た人が各々自分の人生と照らし合わせながら観て見方が深まりそうです。詳細はこちらへ
9、『シェイプ・オブ・ウォーター』(2018年)
『シェイプ・オブ・ウォーター』(The Shape of Water)は、2017年のアメリカ合衆国の恋愛ドラマ映画である。1962年、アメリカ。政府の極秘研究所で清掃員として働くイライザはある日、施設に運び込まれた不思議な生きものを清掃の合間に盗み見てしまう。“彼"の奇妙だが、どこか魅惑的な姿に心を奪われた彼女は、周囲の目を盗んで会いに行くようになる。幼い頃のトラウマからイライザは声が出せないが、“彼"とのコミュニケーションに言葉は必要なかった。次第に二人は心を通わせ始めるが、イライザは間もなく“彼"が実験の犠牲になることを知ってしまう。“彼"を救うため、彼女は国を相手に立ち上がるのだが――。詳細はこちらへ
10、『グリーンブック』(2019年)
『グリーンブック』(Green Book)は、2018年のアメリカのコメディ映画。“舞台はジム・クロウ法の真っただ中、ニューヨークのナイトクラブで用心棒をしているトニー・“リップ”・バレロンガは、アメリカのディープサウスでのツアー中に有名な黒人のピアニストドン・シャーリーの運転手の仕事を受ける。保守的な家庭で育ったトニーは黒人の運転手を務めることに抵抗を感じたが、有名なピアニストでありながら各地でひどい扱いを受けるドンの姿を見て考えが変わり始める。”詳細はこちらへ
お勧め製品

生活が便利で面白くなる