【ハロウィン映画】おすすめホラー映画

NO1のホラー映画?ハロウィンパーティーで観た映画?ハロウィン気分を盛り上げるために、ハロウィン気分を味わう映画がおすすめ。

1:イット(IT)

”それ”は、ある日突然現れる。一見、平和で静かな田舎町を突如、恐怖が覆い尽くす。 相次ぐ児童失踪事件、内気な少年ビルの弟も、ある大雨の日に外出し、通りにおびただしい血痕 を残して消息を絶った。悲しみに暮れ、自分を責めるビルの前に、突如”それ”は現れる。恐怖に置かれるビル。しかし、知らない恐怖を抱えることになったのは、かれだけではなく、他の5人の子供が同じ恐怖に置かれる。ビルをはじめて、6人子供が、“それ”に直面している。

「イット」はホラー映画史上における歴史的なヒットと言われる。 自分でみて大丈夫かな?

2:ショーン・オブ・ザ・デッド

賢くてかわいいホラー映画です。自分でみても大丈夫です。 怖いゾンビよりもつまらない生活ももっと怖いでしょう。 ロンドンの家電量販店の店員で29歳のショーンは、親友のエドとパブに入り浸るだらしない毎日を送っていた。長年の恋人リズにも愛想を尽かされたショーンは、このままではいけないと生活を変える決意をするが、その時、街にはゾンビが溢れ、人々を襲い始める。ショーンは母親とリズを守るため、エドと協力して行動を起こす。

3:ハロウィン

ハロウィンの夜のハドンフィールド。少年マイケルが母と姉を刺殺し精神病院に入れられる。それから15年後マイケルが病院から脱走し担当医であったルーミスが彼を追う。マイケルの妹ローリーの前に彼が現れ… 1978年のアメリカ映画ー「ハロウィンシリーズ」の第一作目は30万ドルの製作費で製作され、アメリカ合衆国において4700万ドルを稼ぎ、世界では7000万ドルの興行収入を記録した。 ハロウィンシリーズは全部で8作品がある。
今でも、ハロウィンの音楽を聞くと、鳥肌が立つ。
また、今年、第9作目、海外では10月公開!DbDの「シェイプ」が登場します。今作はシリーズ1作目と2作目の続編になるようです。

4:悪魔のいけにえ

「悪魔のいけにえ 」とはアメリカで1974年10月4日に公開されたR指定作品です。日本においても2015年のリバイバル上映よりR-15指定作品となっている。公開当初はその残酷性の高さゆえに「決して観てはいけない」と学校などで告知される事態が発生し、全米各州で上映禁止処分が下った。さらに、ドイツなど一部の国では殺人・喰人シーンなど残酷な場面をカットしたバージョンしか鑑賞が許されなかった時期があった。 このシリーズの中の「レザーフェイス」で伝説の殺人鬼、レザーフェイス誕生の真実が明かされる。このバージョンは日本語吹替えも収録。豊富な特典映像。“もうひとつのオープニング・エンディング"にも注目されます。

5:シャイニング

史上初の叙事詩的ホラー映画。

スティーブン・キングの原作小説を基に、監督スタンリー・キューブリック自らが共同脚色を手がけた、ホラー映画の金字塔。鮮やかな演技、戦慄の設定、そしてトラッキング・ショットによる幻想的な映像を融合し、かつてない恐怖の世界を描き出す。ジャック・ニコルソン(「お客様だよ!」の台詞はあまりにも有名)演じるジャック・トランスは、妻(シェリー・デュバル)と息子(ダニー・ロイド)と共に優雅なオーバールック・ホテルを冬季管理人として訪れたことから物語は始まる。トランスはこのホテルを訪れたことはないはずなのだが ― 果たして?その答えは、狂気と殺戮が渦巻くこの場所にある。

 

関連ページ

Mac OS 10.13 でブルーレイ再生
パソコン(PC)でブルーレイ再生するには?