マーベル作品はこの順番で観よう

アベンジャーズシリーズにはマーベル・シネマティック・ユニバース(MCUはMarvel Cinematic Universeの略です)という正式な名前があります。MCUはアベンジャーズが主役の「ヒーロー映画シリーズ」です
2008年、マーベル・スタジオはの実写映画化の第一作品目である『アイアンマン』が作製しました。今、アイアンマンを中心としたヒーローたちがある『アベンジャーズ3』 は11日間のオープニング興収が世界合計で10億ドラとなり。マーベルは”スーパーヒーロー映画”を定義した。アメコミ人気を牽引してきたマーベルヒーローたちがスクリーンに並び立つこの一大企画は、今でも劇場を盛り上げ続けています。ここでドラマシリーズも含めて、見る順番おすすめします。

第一部分

1、『アイアンマン』 Iron Man2008年

『アイアンマン』は「マーベル・コミック」のアメリカンコミック『アイアンマン』の実写映画化の第1作品目である。そして、様々な「マーベル・コミック」の実写映画を同一の世界観のクロスオーバー作品として扱う一大企画『マーベル・シネマティック・ユニバース』シリーズの第1作目である。 トニー・スターク 、アイアンマンスーツ、スタークカンパニー、戦略国土調停補強配備局(S.H.I.E.L.D.)、S.H.I.E.L.D.のエージェントフィル・コールソンを介绍した.アベンジャーズもでた。
マーベル・コミックとパラマウントのパートナー事業ここから始また。2011年に公開を予定していたマーベル・スタジオ製作の劇場映画2作品『アイアンマン3』と『アベンジャーズ』の全世界のマーケティングプロモーション、配給事業をウォルト・ディズニー・スタジオに譲渡する。

2、『インクレディブル・ハルク』The Incredible Hulk (2008年)

MCUシリーズの一作品でもあり、そのシリーズでは『アイアンマン』に続く第2作品目の映画となる。また、ハルク実写映画版シリーズ最後のユニバーサル・スタジオ配給作品でもある。

3、『アイアンマン2』Iron Man 2 (2010年)

原作の人気キャラクターであるもうひとりのアイアンマンこと「ウォーマシン」、そして謎めいた女スパイの“ブラック・ウィドウ”のコードネームを持つS.H.I.E.L.D.のエージェント「ブラック・ウィドー」も本作より登場した

4、『マイティ・ソー』Thor(2011年)

ソー(Thor)は、出版社マーベル・コミックが刊行する複数のアメコミに登場するスーパーヒーローである。北欧神話での同名の神トール(Thor)をベースとしており、アメリカン・コミックスシルバー・エイジのタイトル『Journey into Mystery』誌 #83 で初登場した。ソーが大地の女神の息子である。

5、ワンショット『相談役』The Consultant(2011年)

『相談役』(The Consultant)が『マイティ・ソー』のBlu-rayとBlu-ray 3Dに特典として収録されると発表した。

6、『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』Captain America: The First Avenger (2011年)

キャプテン・アメリカはヒーローとしての名前で、本名はスティーブ・ロジャース (Steve Rogers)。通称では「キャプテン・ロジャース (Captain Rogers)」や、略称で「キャップ (Cap)」とも呼称される。他に通り名としては「自由の番人 (The Sentinel of Liberty)」、「星条旗のアベンジャー (Star-Spangled Avenger)」、「第二次世界大戦の生ける伝説 (The Living Legend of World War II)」、マスク側頭部の装飾から「ウイングヘッド (Winghead)」など。

7、ワンショット『ハンマー墜落現場へ向かう途中での出来事』(2011年)

8、『アベンジャーズ』The Avengers(2012年)

地球侵略へのカウントダウンが開始された時、70億人もの人類の未来は、“最強"の力を持つヒーローたちに託された。彼らの名は、“アベンジャーズ"。だが、意思に反して集結させられた彼らはそれぞれの心の傷に囚われ、ひとつのチームとして戦うことを拒み続ける。次第に明らかにされる“アベンジャーズ"の知られざる過去と苦悩…。人類史上最大の敵を前に、果たして彼らは地球を救うことができるのか?それとも、ここまでマーベルの第一部分である。

9、ワンショット:『アイテム47』Item 47(2012年)

『アベンジャーズ』のBlu-rayに収録され、アメリカ合衆国では2012年9月25日に発売された。前2作は4分以下であったが、本作は約12分となっている。